神社に島民大集合。離島の祭祀。

DSC_0009

こんにちは、晋作です。

神社の祭祀(さいし:祭り、祭典)の中で一番大事なのが、「例祭」。
毎年1回行われます。

そして、例祭の前日行われるのが「宵宮祭」という前夜祭

9月8日は竹島で「宵宮祭」がありました!

 

 

聖大名神社の珍しい特徴。

DSC_0005

宵宮祭があったのは聖大名神社
この神社、珍しい特徴が2つあります。

一つは上の写真。

 

なんだかわかります?

 

 

 

普通、神社って鳥居から階段を登っていきますよね?
神棚のように、神様は高いところに祀るものです。

そうです。

この神社、下りの階段なんです。
下り宮」といって全国的に珍しい神社です。

もう一つは2年前の宵宮祭の記事に紹介してありました。

こちら。
700年の歴史。離島の神社の祭祀。

 

昨年は島にいなかったので、2年ぶりの宵宮祭参加です。

 

 

宵宮祭。

DSC_0007

階段を下ると、もう始まってました。

島民の50%くらい集まってますね。

鹿児島市内より来てくれた宮司さんによって厳かに進められます。

DSC_0011

バタバタと準備していったので、半袖半ズボンでいったら、20ヶ所くらい蚊に刺された…。

お神酒や食べ物を奉納して、お清めしてもらい、礼拝します。

その後、みんなで室内へ。

DSC_0014

お神酒やジュースで乾杯。

DSC_0015

神様に奉納されたありがたいお酒です。

一口いただいて、その後カルピスウォーターをゴクゴク。
相変わらずあんまり飲めません。

その後談笑し、奉納された食べ物をみんなで分けて宵宮祭は終わりました。

 

 

宮司さんありがとう。

DSC_0017

普段は鹿児島市内にいる宮司さんにお話を聞きました。

三島村にあるいくつかの神社のうち、3つが神社庁の管轄
ところがどの神社も宮司が不在

「三島村のためになれば」

と、宮司を兼任してくださっているそう。

例祭は日にちが決まっているため、便数の少ない船での移動が大変です。
竹島が終わったら今度はすぐ黒島へ。

「本当は地元に宮司がいたらいいんだけど」

と言われていました。

「大きな神社でもない限り、職業にするには厳しいから、本職は別にある人がいいね」

と話す宮司さんも、もとはサラリーマンをしながらだったそう。

わたしは信仰心が少ないし、本職もままならないからな~…。
誰かいないかな?

 

宮司さん、毎年ありがとうございます!

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と2015年3月に産まれた息子の3人で暮らしてます。 2015年4月にNPO法人を設立しましたが、補助金の終わる2017年までに家族を養っていける収入源を作らないといけないんです。 その実況中継と、住んでるから分かる島のことを伝えていきます!