島に1日限りのお店がオープン!?離島のボランティアツアー。

20180103_180109_0130

こんにちは、晋作です。

今回は前回の記事の続き。
2018年初ブログ。すごい人たちが竹島に!

今年はブログを毎日書くぞ…。

 

 

真冬の海を満喫。

IMG_4318

ボランティアツアーの7名と、スペシャルなゲスト2名を迎えた1月3日。
ゲスト2名は1泊2日なので、島内観光へ。

島の美味しいものも食べてもらいたい!
となれば、素潜り漁へ行かねば!!

いい感じに写真撮ってもらいました!
歯が出てるけど!

今の時期は魚釣りの方がたくさん獲れるんですけどね。
そろそろ釣りも練習しようかな…。

わたしが潜ってる間、この寒いのにみんな水遊び

20180103_180109_0047

風邪ひかなくてよかった!

素潜りの獲物と、島の人からもらった魚で晩御飯!

IMGP7782

島の幸を楽しんでもらえてよかった!

 

ご飯の後、長野県塩尻市の「元ナンパ師、スーパー公務員」山ちゃんのお話を聞かせてもらいました!
全国からひっぱりだこの貴重なお話を5人だけの空間で独占!

贅沢…!

 

翌日、「つなぐひと」ともみんのスケジュールが1件キャンセルに。

残ったら?

とささやいて、残ってもらいました

山ちゃん(写真左に見切れてる…)は次の目的地を目指してフェリーへ。

26241462_1993007404044534_589577622_n

ありがとうございました!
塩尻、絶対行きます。

 

 

島の仕事のお手伝い

20180103_180109_0087

ボランティアできてくれたみんなはお見送りの後、学校のペンキ塗り

学校のお手伝いは初でしたが、今後も1回は組み込むことにしました。
交流の幅が広がりますしね!

それから、商店開店のお手伝いも。

島に新しい仕事を!離島で起業。

商店は島の昔の写真とエピソードを伝えていく場所にもしたい。

そこで、島のおじいちゃんの家で写真をデータ化し、話を記録するのを手伝ってもらいました!

喜んで話してくれました!

 

 

1日限りの居酒屋、「今日き亭」開店!

20180103_180109_0137

そして今回、ともみんのおかげで新しい取り組みができました。

「島に人を呼び込むにはどうしたらいいか」

ともみんが作った場で意見を出し合い、導き出された一つの形。

「島の外から来た人が、お店を開く」

それがボランティアのみんなによる1日限りの居酒屋(スナック)「今日き亭」。

準備期間も少なく慣れないことでしたが、満員!!
みんな楽しんでくれてました!

 

観光客を増やしたい、というのは大体どこも同じ。

でも、わたしは「里帰りのような気持ちで来てくれる人」を増やしたいんです。

観光目的だけだと、2回以上来る人って少ないと思います。
だって観光するならいろんな土地を見たいじゃないですか。
観光客が増えすぎると環境問題になることもありますし。

なので、里帰りのように数年に1度でも繰り返し来てくれる人を増やしたい。
そうすると、地元の人も再会を喜べる。

 

今回のボランティアの誰かが島にまた来てくれたら、「ホーム感」がきっとある。
この島がみんなの「帰りたい場所」になったらお互い嬉しい。
今までと違うのは、その「場」を自分たちで作れたこと。

「今日き亭」で新しい一歩を踏み出せた気がします。

20180103_180109_0130

2月・3月もボランティアツアーの参加者を募集してます!
村おこしボランティア【さつま竹島コース】

 

4泊5日、いつもの半分の期間でしたが、濃厚な時間でした!

みんなありがとう!

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。