竹でいろいろ作りたい!離島のものづくり。

IMG_3249

こんにちは、晋作です。

三島村では竹のかご「テゴ」が必須です。
筍採り、魚釣りなどで大活躍。

竹島ではテゴをつくれる人が少なくなり、今ではおじいちゃんが1人だけ。

これは誰かが引き継がないといけないと、つくり方を教わったのが昨年の3月。
島の伝統を引き継ぐ。竹かご「テゴ」づくりに挑戦!

だいぶ期間が空いてしまいましたが、数人で竹細工の練習を始めました。

 

 

昔は竹で家を作っていた!!

IMG_3244

竹を切ってきて始めようとしていると、

「なんしちょっとよ~?」
(なにしてるの?)

と声をかけてくれた、牛の世話をした帰りのおじさん。

「竹細工の練習だよ。そういえば、昔は竹で家作ってたんだよね?」

そう聞くと、いろいろ教えてくれました!

 

最小限の木材と、竹を使って建てていた昔の家。

竹を束にして、木材代わりに使っていたそう。
束にする際に結ぶのも竹

IMG_3247

小さい頃、薪風呂の燃料用の竹を採りにいくと、こんなことをしてたような。

 

当時の屋根は笹
「かや」という草をロープ代わりに使って笹を屋根に固定。

その際に使っていた道具がコレ。

IMG_3249

竹やり。

ではありません。

大きな「針」

下の人が笹と笹の間にこの「針」を突き刺す。
上の人は穴に「かや」を通して引っ張ってもらう。

こうして縫うように笹を固定していったとのこと。

屋根を補修しながら、10年くらいはもったらしいですよ。
すごい。

目標は竹の家でキャンプ。

 

 

竹細工の練習。

IMG_3253

そして、竹細工の練習。

まず竹の選び方が重要。
どれがいいのか体感するため、いろんな竹を調達。

竹はいくらでもあるけど、「いい竹」を集めるのは意外と大変。

今日練習したのは、竹を割って、皮を剥ぐ作業。

IMG_3251

これが難しい…。
古すぎる竹はこの時点でうまくいきません。

テゴにベンチにテーブル、そして家などつくりたいものはたくさんあるけど、道のりは遠そうです。

 

 

箸作ってみました。

IMG_3264

以前、特産品開発のアドバイスをもらった時に、手づくりの竹の箸を見せてもらいました。
長く使っても黒ずみも少ないし、手触りも最高。

竹細工は時間がかかるので、マイ箸を作ってみました。

安価な竹箸の多くは、漂白剤・防カビ剤・防腐剤が使われているそうです。
竹箸以外も、化学合成塗料が使われていたり。

大量に使う時はしょうがないけど、いつも使うのはこんなお箸がいいかも。

使ってみたら、なかなかいい感じです。

竹細工もがんばります。

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。