女の子4人の村おこしボランティア、前半終了。

こんにちは、晋作です。

2月22日から、ECOFFの村おこしボランティアのみなさんが来てくれています。
ECOFFは、村おこしボランティアツアーをいろんな離島で企画するNPO法人です。

竹島で受け入れを始めて、今年で4年目
早いですね~。

どんな人が来てくれるか、毎回楽しみであり、緊張もします。
今回は大学生の女の子が4名!
最近、参加者が女子だけっていうことが多いです。
鼻の下は、伸びてません。たぶん。

竹島での活動の1つは、もちろん人手が必要な仕事
竹林整備道路整備などがあれば手伝ってもらいます。
竹のいえをオープンするときもかなり手伝ってもらいました。
今回も半日だけですが、竹林整備に行ってもらいました。

あと、島の人との交流をなるべく多くしてもらっています。
学校の授業に参加させてもらったり、スナックをしたり。

詳しくは、参加者のみなさんが毎日書いてくれているレポートをご覧ください!

さつま竹島コース 体験記

最近、ブログで歴史シリーズを書いています。
が、やっぱり小難しくなるし、文献からだとリアルな島の昔話などは得られない
もっとみんなに興味を持ってもらえる、生活に密接した歴史も残したい。
そこで、ボランティアのみんなに手伝ってもらって、別のシリーズも始める予定です。

今回のボランティアはあと半分。
島にとっても、参加者にとっても、いい滞在になるようにしていきたいです。

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。