これまでやってきたこと。離島の選挙。

こんにちは、晋作です。

ただいま、三島村議会議員に立候補中です。

立候補した理由はこちら。
三島村議員に立候補しました! 離島の選挙。

選挙運動は「がんばらない」と宣言した記事がこちら。
村議に立候補して、「がんばること」「がんばらないこと」。離島の選挙

自分の考えには納得しているのですが、心配事も。

「島の人に届いているのかな?」

ブログだけだと島の外に向けての発信と思われていそうだな、と…。

面と向かって想いを伝えることもすごく大事。

ということで、本日18時半から演説を行います。
(これはもともとやる予定でした)

Facebookのコメント欄で動画配信というアイデアをいただいたんで、明日公開します。
ほかの島へは行けないので、見てもらえたら嬉しいです。

 

さて、今回の内容はわたしが “島でどんなことをやってきた” か。
前回の記事でハードルを上げてしまいました。
緊張。

 

 

NPO法人の設立

Uターンした2014年、夏のイベントのことでこんな話が

「自分たちでできる仕事は、自分たちでしたいよね。」

ちょうど先輩たちが役場主導だったイベントを自分たちで作り上げていたころ。

個人や任意団体じゃできないこともある。

「じゃあ、会社作る!」

という感じでNPO法人の設立を開始。

2015年に “NPO法人みしまですよ” を設立。

夏のイベントの主催もしていましたが、予算がなくなったので次を考え中。

他の活動としては

  • 野良猫増えすぎ問題の解決
  • 村おこしボランティアの受け入れ
  • 出張美容室
  • 特産品の販売
  • 観光ガイド

詳しくはこちら
NPO法人みしまですよ活動内容

これらは自分だけでやっていることが多く、巻き込み力がないのは大きな課題。

その中で主としているのは以下の活動です。

 

 

情報発信

GO!MISHIMA!!でブログを始めて、もうすぐ4年。

初めて自分で書いた記事には、こんな汚い写真が使われていました。(上の写真)
三島村 竹島での素潜りレポート! 釣れた魚は・・・?

懐かしい…。

ブログ自体の閲覧数は多くありません。
でも、情報発信を続けることで新聞やテレビから取材の申し込みがくるように。
三島村をたくさんの人に知ってもらう機会を作れています。
炎上もしましたが…。

1番嬉しいのは、三島村への移住者の助けになっていること。

「GO!MISHIMAを見て島のことを知ることができました!」

と言ってもらえることがたびたび。
こんな小さな島で、何もわからず来るのは不安ですからね。

だからこそ、いいことばかりは書けません。
よくない面を伝えるのも大事なことです。

これからも続けていきます。

 

 

大名筍を全国へ!

島の特産、大名筍

竹島の筍は収穫量の激減でかなり厳しい状況。

なんとかしようとPRしたり、販路開拓したり。

青果を取り扱っており、ネット販売もしています。
先日予約開始しましたので、ぜひ。(宣伝)
GO!MISHIMAショップ Yahoo!店

全ての活動がそうですが、特に筍はたくさんの人に助けてもらっています。

今年は東京でイベントを一緒にやってもらえることに!
内容は協議中ですが、こんな感じで!
第三回 大名筍まつり in 東京

本当にありがたいです。

助けてもらっていながら、なかなか成果を出せないのが心苦しいです。
美味しいものを届け、島の人たちの仕事として成り立つよう、引き続きがんばっていきます。

 

 

20年ぶりの商店をオープン

1年前、“竹のいえ” をオープンしました。

“安心” と “楽しみ” を提供したいと開店したお店。
発展途上ではありますが、少しはその想いが実現しています。

創業は補助金を活用しましたが、それ以降は自立して利益を得られています。
なんとか生活できるくらい。
新しい仕事を創れたのは大事な一歩だと思っています。

 

最近は竹細工にも挑戦中です。

 

地域の活動としては、竹島地区や竹島青年会の役員もしました。
今年は青年会の会長です。
ずっと前の会長に頼ってたので、がんばらねば。

 

こうやってみると、実績はまだまだ少ないです。
挑戦したけど、うまくいっていないものもあります。

それでも、一歩踏み出さないと成功することはないので、踏み出し続けます。
そして、ずっと住みたいと思える村にしていきたいです。

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。