日本一早い、参議院選挙の繰り上げ投票。離島の選挙。

こんにちは、晋作です。

本日 7月18日、参議院議員選挙の繰り上げ投票が行われました。

繰り上げ投票っていうのは、交通の問題などがある地域が日程を早めて投票をすること。

本来の投票は21日です。
投票、行きましょー!

 

 

日本一早い繰り上げ投票。

今日投票があったのは、三島村・十島村・口永良部島
ニュースによると、全国で一番早い繰り上げ投票だそうです。

三島村の投票率はかなり高く、80%以上
9割超えることも珍しくありません。

竹島は70人の島ですから、当日島にいる人は全員投票してますね。

本土にある役場から職員が各島に来て投票の運営をしています。
島からも数人が立ち会い。

今回も早い時間に全員投票が終わったようです。

 

 

台風の影響で、ヘリが出動。

ところが。

台風接近により明日からのフェリー運航があやしい状況。

投票用紙を持っていけないと大変。

ということで、県の防災ヘリが出動
各島の代表者と投票用紙を乗せて本土へ。

ご苦労様です!

 

 

誰に入れたらいいんだろう。

正直、誰に入れても変わらない気がして、今まで選挙に興味が持てませんでした。

でも、自分が選挙に出て、さすがに変化がありました。

ちゃんと選んで入れたい。

ただ、やっぱり選ぶのは難しい

そんな中、Facebookですごくわかりやすくまとめた投稿が。
画像を自由に使っていいとのことだったので、ここでもシェアします。

ぜひ参考に。

めっちゃわかりやすいですよね。
本当に素晴らしい!!

 

 

選挙公報って?

選挙公報“って届いてますよね?
立候補者の政策が掲載された文書です。

国の選挙や知事選では必ず配られるんですって。
(特別な事情がある場合を除く)

恥ずかしながら、今回初めて知りました。

比例代表は全国同じですが、小選挙区は選挙区ごとに違います。
鹿児島はこのURLから見られます。
https://www.pref.kagoshima.jp/kensei/senkyo/r01sangi.html
(選挙後や過去の広報は「選挙公報.com」というサイトで見られるようです)

比例代表は掲載スペースの大きさがかなり違うのが気になります。

これは掲載料…、ではなく候補者の人数で決まっているようです。

いろいろ書いてありますが、本当に実現できるの?っていうのが本音。
言うだけならなんとでも言えますからね。

ただ、少なくとも現状維持じゃなくて変化が必要だと思います。
投票しない人が多いと、変化は起こらない

投票、行きましょー!

 

 

比例代表に見たことない候補が?

比例代表の候補は以下の通り。

  • 自由民主党(自民党)
  • 公明党(公明)
  • 国民民主党(民主党)
  • 立憲民主党(りっけん)
  • 日本共産党(共産党)
  • 日本維新の会(維新)
  • 社会民主党(社民党)
  • れいわ新選組(れいわ)
  • 労働の解放をめざす労働者党(労働者党)
  • 幸福実現党(幸福)
  • オリーブの木(オリーブ)
  • NHKから国民を守る党(N国党)
  • 安楽死制度を考える会(安楽会)

「!????」

っていうのがいくつか。

実は、条件を満たせば政党以外の政治団体も候補者を擁立できます。
「比例代表に」と書きましたが、もちろん小選挙区でも立候補しています。

政党以外の政治団体にあたるのは上のリストの下6つ

政党と政治団体の違いはなんでしょう?

“政党は「国会議員が5人以上」または「直近の国政選挙で全国得票率が2%以上」を満たす団体”

「れいわ」は山本太郎氏が1議席。
それ以外の政治団体は、議席なし

今回の選挙の結果によっては政党になる団体もあるということですね。

どんな政策か、見てみてください。
比例代表の選挙公報

そして、選挙行きましょー!

GO!SENKYO!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。