法政大の学生実習をご案内しました

By 2014年5月14日イベント

2014/5/12-14
法政大地理学科の先生&学生さん11名が実習に来てくださいました。
例によって行きの船から解説をスタート。村ではこんな科学研究行われてまっせ、それを活かしてこんなこと企ててまっせ、をご紹介。

硫黄島では、素敵すぎる海巡検を今回も実施。

 

海から陸からアカホヤ噴火にまつわる露頭を攻めたて、7300年前の大噴火の映像を頭の中にイメージしてもらった。「山がまるごとぶっ飛んでこの崖ができたときの噴煙、熱、地震、轟音、、想像してみ?」

 

最終的に学生さんから「火山ヤベえ」「私の中でディズニーランド超えました」の感想をもらった時には渾身ガッツポーズを心の中でキメました。地層という証拠からそんな爆発があったことが読み取れるんだよっていう、観察+論理の積み上げの面白さを伝えたい、という裏目標を掲げてみてたけど、どのくらい伝わったんだろう。

大岩根尚

About 大岩根尚

宮崎県出身。2010年に東京大学にて環境学の博士号を取得。 2011年11月から100日間、日本南極地域観測隊の一員として南極内陸部で研究するなど、 地球科学研究に取り組む。 現在は7300年前の鬼界カルデラ大噴火の爪痕が残る三島村の専門職員として、 日本ジオパーク認定に向け活動中。