薩摩硫黄島の温泉が想像を遥かに越えていた

By 2015年8月7日離島ブログ

こんにちは、尚です。
僕が三島村に関わるようになってもうすぐ2年。
今日は、僕が三島村に惚れるきっかけになった、薩摩硫黄島の温泉についてご紹介します。

まずはこれ。
4-6

西の横綱、絶海の秘湯と名高い東温泉です。
水道も灯りもなく、ただ波打ち際に湯溜まりが3つあるだけ。
この温泉はpH1.2と強酸性。舐めたら酸っぱい味がしますし、目に入ると痛みます。
自然との一体感を味わうことができる最高の秘湯です。
これがいつ行っても無料なわけですから、、これは最強です。

次に紹介するのがこの写真。
3-1

硫黄島の集落のある長浜湾というところ。
海が色づいてますが、これ、赤潮とか土砂の流出ではないんです。
そう、これも温泉なのです!
海底からしみしみと温泉が湧き出し続けていて、それに含まれる鉄分が海水と反応してこんな色になるんですね。

3-3
実は色づいた海水があいるのは海の表面だけ。
船が通った後には海底から透明な水がまきあげられて、こんな不思議な景色になることもあるんです。
う……美しい……!!

4-1
さらにこちらは別の色の温泉。
硫黄島の平家城、というところを海から眺めています。
くっきりと、変色/普通の海水が分かれています。
まさに自然が作り出した芸術ですね。

4-4

海岸線から湧き出すいろんな色の温泉が海流で流されると、こうして虹のような美しい景観になるのです。

どれもスゴい写真ですが、写真は写真でしかありません。
皆さんぜひ、現物を見に、島へ、いらしてください!!

大岩根尚

About 大岩根尚

宮崎県出身。2010年に東京大学にて環境学の博士号を取得。 2011年11月から100日間、日本南極地域観測隊の一員として南極内陸部で研究するなど、 地球科学研究に取り組む。 現在は7300年前の鬼界カルデラ大噴火の爪痕が残る三島村の専門職員として、 日本ジオパーク認定に向け活動中。