硫黄島には、「何もない」ところが良いところ – 樋渡円さん

P9092758

民宿ほんだの女将、硫黄島港のお土産屋「歩(さるく)」の店主など、三島村内で色々な顔をもつ樋渡円さん。

「硫黄島が大好きです」と語る樋渡さんに、お話を伺いました。

 

三島村の3つの良いところ

1. 豊かな自然がいっぱい

3-1

海が見えないと落ち着かないんです。海の色が大好きで、赤、乳白色、青と常に変化していく様子が、生きているなという気分になるんです。

自分の中の原風景が常に広がっています。

住んでいて誇らしいところですね。

2. 何もないところが良い

IMG_9031

硫黄島には、人混みも、看板も、信号もありません。

「なんでもある」は疲れちゃうんです。スーパーに言って、商品がギュウギュウだと、迫ってくる感じがしてしまうくらい。

何もないから物欲もなくなるし、なんとなく平等に生きていこうという意識があるかな。

出世欲や物欲にとらわれずに生活できるし、つながりが濃いので、誰でも何かあったときには必要とされますね。

3. 海の幸、山の幸が美味しい

IMG_8563

極上のお刺身が食べられます。筍も美味しいです。

都会では食べられない、釣りたて、採れたてを食べられます。

堤防で高級魚が釣れるのはここくらいなんじゃと思います。

 

お気に入りの場所

4-1

船を見送るのが大好きです。

「来てくれた人に喜んでいただいて送り出せる」という気持ちになれるからです。

船が出て行くと、島の時間がゆっくりになるんですよ。

逆に、入の船(鹿児島市→三島村の便)がくるときは緊張します。

村も少しそわそわします。

船の入りと出が村のリズムになっているんです。

 

変わらずにこのままずっとあってほしい

硫黄島は変わらずにあってほしいなと思います。

人がいなくもならず、増えもせず、ずっと続いていくのが良いだろうなと思ってます。

移住する人も少し増えてきたので、20人くらいの子どもが常にいるとか、それくらいがこのままの景色を守って、幸せだと思います。

硫黄島の何もない良さが残していきたいですね。

三島村ジオパーク

About 三島村ジオパーク

鹿児島県三島村のGO! MISHIMAの管理者です。三島村ジオパークは、地域資源を活かした持続可能なジオパークを目指します。