国際宇宙ステーションも見える星空がある – 我部さん、がちゃ、ゆみさん

P9102780

硫黄島には西アフリカ伝統打楽器「ジャンベ」が根付いています。

1994年の交流から始まった「ジャンベ」は、今やアジアではじめて本格的に学べる「ジャンベスクール」が開校されるまでになっています。

島外から人を呼び、半年間開校されます。

ジャンベスクール11期生の、沖縄出身の我部さん、鹿児島出身のがちゃ、和歌山県出身のゆみさんにお話を伺いました。

三島村の3つの良いところ

1. 八朔踊りのストイックさ

旧暦8月に行われる八朔踊りというのがあるんですが、その踊りがストイックなのに驚いてます。

ずっとスクワットしてるんです(笑)。

島の悪霊を払う伝統行事なんですが、練習している様子を見るのも好きだし、この時期だけというのも良いですね。

2. 自然が豊か

生きている山の硫黄岳がこんな近くにあって、海もあって、温泉もあるという大自然が身近にあります。

自然がスゴイんです。

夜空もすごくキレイで、国際宇宙ステーションが見えるんですよ!

3. 海

沖縄の海と似ているんです。

魚の種類も多いし、見た目もいつも変わっていきます。

飽きないですね。

お気に入りの場所

恋人岬から見える、稲村岳と硫黄岳の重なりです。

壮大なんですよ。

風もとても気持ち良いですね。

この島に開発はいらない

変わってほしくないですね。

開発とかは本当にいらないと思います。

このままの景色と島の文化で残っていったら良いなと思いますね。

三島村ジオパーク

About 三島村ジオパーク

鹿児島県三島村のGO! MISHIMAの管理者です。三島村ジオパークは、地域資源を活かした持続可能なジオパークを目指します。