離島の困りごとと、感動の対応。

掃除機がゴミを吸わない…。

こんにちは、晋作です。

去年買った掃除機の調子が悪いです。

それでちょっと困った事になったのでその経緯と、Amazonの素敵な対応をご紹介します。

掃除機を買うとき、家電芸人で評判の良かったトルネオっていうサイクロン式のものを買いました。

ハズレを引いてしまったのか、フィルターを掃除しても、すぐ「フィルターサイン」がついて、吸引力が弱くなるんです。

掃除機がゴミ吸わないとイラッとしません?私はあんまり掃除してないですけど…。

そういう事で、メーカーに問い合わせ。

「水洗いしてダメなら販売店に連絡してください。」

ダメだったので、販売店に連絡。ちなみにAmazonで買いました。

「初期不良以外はメーカーに問い合わせしてください。」

…たらい回し…。

再度、メーカーに問い合わせ。

「原因を調べないといけないので、販売店か近くの店舗へ持ち込んでください。」

こういう時、離島だと困ります。掃除機持って船に乗りたくないですもんねー。

離島で最寄りの持ち込める所もない事を伝えると、
「検討して月曜日に連絡します。」

お手上げ!

と思っていたところ、Amazonから着信。

相談窓口の偉いっぽい人で、対応がおかしいな、と思って電話後送っていた問い合わせメールを見て電話をくれました。

「もし宜しければ、交換させていただきます!」

!!

しかも、故障なのかどうか判断できない事を伝えると、

「オンラインショップで店舗がないので、お客様の事を信頼して対応します。メーカーさんとのやりとりから判断して、交換対応させていただきます。」

さすが、

「Amazon.co.jp は、お客様からのご意見により、地球上で最もお客様を大切にする会社を目指しています。」

というだけありますね!

Amazonさん、ありがとうございます!

掃除機はすぐに届きました!

お陰様で綺麗な所を動き回れる僚馬くんでした!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 収入源の確保が急務。