「住みたい」を「住める」状態にする – 安永浩一さん

OIW_2520

三島村の生命”船”である「フェリーみしま」。

船乗りとして30年前にフェリーみしまに乗り込み、今や船長歴10年目となる安永浩一さんにお話を伺いました。

三島村の3つの良いところ

1. 景色が良い

硫黄島の海、大浦の景色、恋人岬からの水平線、坂本温泉に行く途中で見る硫黄岳の噴煙。

どの景色もここでしか見られないものです。

2. 人と気軽に話せる

小さいからこそ、みんなが知り合い。

構い過ぎることもあるけれど、お互いを気にしながら過ごしているので過ごしやすいと思います。

3. まとまりがある

例えばジャンベで子どもが集ったり、そこに大人の活躍もあったりします。

自分の孫にも、こういう環境で育って欲しいと思いますね。

お気に入りの場所

硫黄島の坂本温泉です。

小さいときは泳いだりしによく行っていました。

若い人が生活できるような島に

若い人が生活ができるような仕事や産業がないので、作っていかなければと思いますね。

「住みたい」と思っている人達を、「住める」にするために必要ですから。

農業や漁業をもとに、こういうことができますよと言える状態にしていくのが良いと思います。

三島村の特産品 オンラインショップ

GO!MISHIMAショップ Yahoo!店

三島村ジオパーク

About 三島村ジオパーク

鹿児島県三島村のGO! MISHIMAの管理者です。三島村ジオパークは、地域資源を活かした持続可能なジオパークを目指します。