手術できなかった猫たちのその後。離島の猫問題。

IMG_1004.JPG

こんにちは、晋作です。

竹島の猫シリーズ、続編です。
今までの経緯は過去の記事をご覧ください。

竹島はネコの島!?離島の悩み事。

「公益財団法人どうぶつ基金」さんのおかげで、島民より多いノラ猫のほとんどに不妊手術をすることができました。

その後、猫ちゃんたちは平和そうに過ごしており、めっちゃ太ってます。

ただ、体が小さすぎて手術ができなかったり、捕獲後脱走してしまった猫ちゃんが…。

その猫ちゃんたちのその後をご報告します。

 

鹿児島市内で施術。

IMG_1001.JPG

残った猫ちゃんたちをそのままにしていたら、またノラ猫が増えてしまいます。

みんなの苦労が…。

そうならないようどうぶつ基金さんや三島村役場 民生課の課長と話をし、鹿児島の団体を通して手術をしてもらうことに。

今回お世話になるのは「NPO犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島」さん。

通常よりかなり安い費用で手術をしてもらえることになりました。
費用は、行政、地区会、個人(世話をしている人がいる場合)が負担して手術します。

1度に手術できる頭数に限りがありますので、4匹ずつ鹿児島市内に送ることに。
今回は簡単に捕まえられる猫ちゃんたちを4匹捕獲しました。

 

いってらっしゃい!

IMG_1005.JPG

猫ちゃんたちが乗るフェリーがやってきました。
竹島をでるのはもちろん初めてでしょうね。

うちのサバ、カンパチ、マグロも次の便あたりで行くことになります。

最近鹿児島市内にいることが多くて、世話を母に任せてたらあんまり寄ってこなくなりました…。
マグロにいたってはあからさまに逃げます。

寂しい。

 

鹿児島市内での運搬などは民生課課長に任せっきりになってしまって大変そうですけど、よろしくお願いします。

課長はブログ見てなさそうだけど、一応。

 

子猫欲しい方いらっしゃいましたら、連絡下さいね。
かわいいですよ。

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 収入源の確保が急務。