さくら猫になった竹島の猫たち。離島の猫問題 完結編。

img_1436.jpeg

こんにちは、晋作です。

8月からお伝えしてきた竹島の猫問題を解決するシリーズ。

ノラ猫の捕獲から

ネコの島 竹島。離島の悩み解決編 part1

一斉手術

ネコの島 竹島。離島の悩み解決編 part5 ~手術開始!~

幼かったり、捕獲できなくて手術できなかった猫たちの手術

手術できなかった猫たちのその後。離島の猫問題。

とお伝えしてきました。

そして、完璧に!とは言えませんが、一連の活動が一旦終わりましたのでご報告します。

 

さくら猫になって帰ってきました!

img_1436.jpeg

 

竹島で手術が必要な猫は10匹いました。

1度に手術してもらえる猫は4匹。

幼くて手術できず、我が家で引き取っていたカンパチ、サバ、マグロも子供達に見送られ、鹿児島市内へ。

それが2回目。

そして、3回目はどうしても1匹捕まえられず1匹だけ送りました。

その3回目の1匹が昨日(12月19日)帰ってきました。

これで今回の手術は終わりということになります。

img_1923.jpeg

さくら猫になったうちのカンパチ。

誰にでも懐いて可愛いです。

img_1924.jpeg

人見知りするけど、甘えん坊のサバ。

可愛い。

img_1925.jpeg

自由奔放なマグロ。

猫っぽくて可愛い。

やっと手術してもらえて、安心しました!

 

今後の課題は…

課題としては、まず手術できなかった猫たち。

住宅街で確認しているのは1匹だけなので、すぐに増えるということはなさそうですが、山の方にもいる可能性があるので、捕まえて手術する必要があります。

そして、新しく引っ越して来る猫ちゃんは必ず手術をしてもらう。

お世話になった「公益財団法人どうぶつ基金」さん、「犬猫と共生できる社会をめざす会 かごしま」さん、手術してくれた浜崎先生、役場、島民、たくさんの人のおかげで、人にとっても猫にとってもいい環境になりました!

それを無駄にしない為に、今回で終わりではなくて、今後も増えないよう継続していきたいと思います。

みなさん、本当にありがとうございました!!

"キセキのタケノコ 大名筍" オンラインショップ

GO!MISHIMAショップ Yahoo!店

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。