竹の専門家 濱田先生 調査で再来島!大名筍はこうやって生えている!

img_6866.jpg

こんにちは、晋作です。

昨年12月に筍の生産量を増やすために竹島に来てくれた濱田先生。
前回は、試験のための区域を確保しました。竹の第一人者 濱田先生が 40年ぶりに来島!離島の宝を発掘!

船の欠航などによりその後なかなかスケジュールが合いませんでしたが、昨日(4月26日)に再び来島してくれました。

 

試験区域を整備!

img_6855.jpg

前回濱田先生が「2年目以降の竹からは筍がほとんど生えてこない」ということを教えてくれました。
ですので今回は、試験区域の中の古い竹を伐採します。

3.3m四方の区域が4箇所。
ですが写真の通り、かなり荒れています…。
いつもは枯れ竹だけ取り除きますが、2年目以降の竹もとなると、かなり大変。

でも、整備してきれいになると、先生もこの笑顔!

img_6851.jpg

1年目の竹だけにするとほとんど竹がなくなっちゃうので、適度に残しました。

「古い竹を切れば収穫量が増える!」ということが分かっても、人手不足や切った竹の処理など問題はたくさん。
その問題についても取り組んでいく必要がありますが、まずは収穫量が増えるかの検証から。

増えるといいな~。

 

大名筍発見!

img_6859.jpg

作業をしていると、ありました。

大名筍!

もちろん採ります!

1週間前と比べて、形のいい筍が増えていました!!
先生もこの笑顔!

img_6866.jpg

でかいのも生えてきています!

img_6854.jpg

「これは、いい筍だ~。」

と先生、興奮気味!

img_6871.jpg

綺麗に並べて写真撮影。

今夜のおかずが楽しみですね!

 

大名筍はどうやって生えてるのか!?

img_6876.jpg

整備の後は、生え方の調査。
地中の様子を見るためスコップで竹を掘ります!

掘ってみると、こんな感じ!

img_6885.jpg

筍は地下茎から生えるそう。

下の写真のヒゲみたいな感じで、筍も生えてくるんですって。

IMG_6886

竹島ではスコップで筍を掘ってとることはないので、ちょっと味見。

そのままポリッ!とかじってみると…

IMG_6887

めっっちゃ甘い!!!

もともとアクがなくて生でも食べられますが、全然違う甘さ!!
採れたてだからなのか、この時期の筍だからなのか、その辺はいろいろ食べて調べてみます。

これはぜひ食べてもらいたいですね。
味わいに来て下さい!

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と2015年3月に産まれた息子の3人で暮らしてます。 2015年4月にNPO法人を設立しましたが、補助金の終わる2017年までに家族を養っていける収入源を作らないといけないんです。 その実況中継と、住んでるから分かる島のことを伝えていきます!