島の伝統を引き継ぐ。竹かご「テゴ」づくりに挑戦!

IMG_0091

こんにちは、晋作です。

三島村には、自生している竹を使った竹かご「テゴ」の文化があります。

これ。

IMG_0082

筍採りや魚釣りに使う、島の必需品です。

なんと右側の「テゴ」は35年間使っているそう!
めっちゃ長持ち!

ところが、このテゴをつくれる人がどんどんいなくなっています。

竹島ではなんと一人だけ

これはヤバい!

島の伝統を絶やさないため、その技術を教えてもらうことにしました!

 

 

テゴづくり職人 中原熊彦さん。

DSC_0055

その最後の一人は御年84歳、中原熊彦さん。

以前インタビューしたときの記事はコチラ。
竹島の歴史を知る数少ない生き証人 - 中原熊彦さん。

優しいおじいちゃんで、今は亡きうちの祖父と大の仲良しでした。
35年使ったテゴに2人で釣った40kgのクエを入れて帰ってきた話もしてくれました。

「テゴづくり教えて!」

とお願いしたら快諾!

先日から来てくれている農業体験ボランティアの子や、地域おこし協力隊、昨年移住してきた子も一緒に教えてもらいました!

 

 

匠の技はやっぱりすごい。

IMG_0104

テゴづくりはまず竹を選ぶところから。

これがすごく重要。

2年目の中身が詰まった竹がいいそう。

竹を切って

「これが2年、これは1年。」

と選別していく熊彦さん。

IMG_0125

…。

全く違いが分からない。

場所によって竹の質も違うらしい。
教えられてすぐに分かるものじゃないですね。

切った竹を持って熊彦さんの家まで。

テゴをつくるときには「ヘギ」と呼ばれる皮だけを使います。

IMG_0074

取ってきた竹でこの「ヘギとり」をします。

ここで匠の技が発動!

なんと、皮だけをペリペリと剝がしていきます!

IMG_0081

見てると簡単そうだけど、めっちゃ難しいんですよ!

このあとさらに刃物で「ヘギ」を薄く均等にしていきます。

なんで竹を選んで切るかというと、いい竹じゃないとヘギがうまくとれないんです。
さらに、編むときに折れたりしちゃう。

最初が肝心ですね。

必要なヘギをそろえて、いよいよ編んでいきます。

IMG_0090

まずは縦に編むヘギ、「縦ヘギ」で底の部分からつくります。

そして「縦ヘギ」に「横ヘギ」を編んでいきます。

IMG_0091

途中で表裏を変えることで強度を強くするそうです。

IMG_0094

すべて編み上げたら、ふち、底をつくります。

IMG_0129

ヘギは乾燥してくると折れやすくなり編めなくなるので、スピードも必要。
できればその日のうちにつくるのが理想。

いや~、無理。
職人への道のりは遠そうです。

 

 

「テゴ」完成!

IMG_0139

そして、ひとつのテゴが完成しました!

教えるために急いで作ったので、熊彦さんにとっては出来が悪いそうです。
急がしてごめんなさい!

途中から見学に来た島の子も背負ってみました。

IMG_0132

ボランティアの子も。

IMG_0133

これで家まで帰ってみてくれないかな~。

滞在中に自分のテゴもつくれたらいいですね。

 

 

自分の「テゴ」づくりに挑戦!

IMG_0145

次は自分たちのテゴづくりに挑戦!

最初の竹を縦に割っていく作業すらできない…。

ましてや皮をペリペリと剝ぐなんて出来る気がしない!

IMG_0172

それでも子どもたちも一緒にひたすら練習。

割って、剥いで、割って、剥いで…。

IMG_0173

練習すれば成長するもので、割ってヘギを剥いでいくのは出来るように

テゴができるまではまだ道のりが遠いですが、熊彦さんの技を受け継げるように頑張りたいと思います!

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と2015年3月に産まれた息子の3人で暮らしてます。 2015年4月にNPO法人を設立しましたが、補助金の終わる2017年までに家族を養っていける収入源を作らないといけないんです。 その実況中継と、住んでるから分かる島のことを伝えていきます!