一年で一番大事な神社の行事。離島の祭祀。

IMG_0817

こんにちは、晋作です。

9月8日、竹島の聖大名神社で「宵宮祭」がありました。
神社に島民大集合。離島の祭祀。

宵宮祭は神社の祭祀で一番重要な「例祭」前夜祭

翌日9月9日、例祭が行われました!

昨年の様子
離島の民88人を見守る神社。ご利益たっぷりのお供え物をイタダキマス!

 

 

ミカンに夢中な子どもたち。

IMG_0815

例祭では神様にお神酒や食べ物を奉納したり、お参りしたりと宵宮祭と似た流れ。

学校の時間なので、宵宮祭より人数はだいぶ減。

例祭は息子も連れていきました。

IMG_0817

奉納されたものは参列者にふるまわれます。

未就学児たちの興味は奉納されている果物に。

「ミカン。ミカン」

とみんなミカン待ち。

IMG_0819

おいしくてありがたいミカンをいただきました!
よかったね!

 

 

宵宮祭との違いは!?

IMG_0815

この上下の写真に違いがあります。
DSC_0007

写真がよくないので、非常に分かりにくいですが、わかりますか??

上が例祭。

下が宵宮祭ですね。

 

 

違いは、神社の本殿の扉が開いてるか開いていないか

写真じゃわかりにくいですね。

 

扉が閉まっているときは、神様が中でゆっくりしてるんですって。
宵宮祭は神様が中にいる状態でお参り。

扉が開いているときは、神様に外に出てきてもらってるそうです。
例祭は外に神様をお迎えして行うのが一番の違いらしいです。

教えてくれた宮司さんたちは、その日の船で次の黒島に渡っていきました。
来年まで平和でありますように。

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 収入源の確保が急務。