離島に住み込んで村おこしボランティア!3人の学生が来てくれました!

さつま竹島_180806_0037_0

こんにちは、晋作です。

早いもので、Uターンしてからもう5年目
村おこしボランティアの受入れを始めてから3年目を迎えました。

村おこしNPO法人ECOFFの運営するこのツアーは、地域活性化に触れる「離島住み込み型」のボランティア
その現地での受入れをやってます。

今回の参加者は3人
全員、舞空術(空を飛べる技)の使い手です。
が、最初の作業は特技を活かせない「竹のいえ」リフォーム

さつま竹島_180806_0017

みんな一生懸命作業をしてくれて非常に助かってます。

来島して既に3日目。
今回から高齢者のお手伝いも始めてみました。
なるべく島の人と交流ができるようにしたいな~と思って。

今日はおじいちゃんの家の庭掃除
の予定が、どうやらおじいちゃんの欲していたのは話し相手
3時間くらい話し込んでました。

その間、わたしは庭掃除中に発見したハチの巣と格闘
玄関前にあった大きめの巣を撤去しました。
今年ハチの巣多いんですよ…。

明日以降も草刈りなどする予定なので、ハチ、要注意です。

 

 

最年少参加者は、行動力の塊。

さつま竹島_180806_0029

今回、過去最年少、高校生の男の子が参加してくれました。
本来大学生以上なので特例で。

なぜ年齢制限の壁を超えてまで参加したいのか…、気になりますよね。

その理由は、

「物事をいろんな角度から考えられる視野の広い父を尊敬しています。
 父のようになるために、いろんな人と話していろんな考え方を聞きたい。」

とのこと。
しかもなんと、1人でも多くの人と出会うため、北海道から鹿児島までヒッチハイクで来たんですって!
心配する親御さんを何日もかけて説得してまで。

すごい。

そしてこんな行動を起こさせる父の背中、かっこよすぎる。

そんな父親になりたいな。

この男の子、わたしの子どもでもおかしくない年齢だし、なんと息子と同じ名前
より一層父親としての在り方を意識しました。

 

毎度のことですが、参加者のみなさんから学ぶことが多いです。
残り1週間程ですが、ステキな3人とお互い成長できるような時間を過ごしたいです。

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。