離島の民88人を見守る神社。ご利益たっぷりのお供え物をイタダキマス!

昨日は前夜祭。今日が本番!

こんにちは、晋作です。

神社の中で最も大事な祭祀、例祭。

昨日は宵宮祭(前夜祭のようなもの)の様子をお伝えしました。

本日は、本番である「例祭」。

神社の飾り付けも豪華になり、お供え物も!

まずは、それぞれお参りをします。

うっかり御賽銭を持ってくるのを忘れてしまった私。

優しいおばちゃんに100円貰ってお参りしました。ありがとー!

厳かな儀式が始まります。

昨日と同じ、鹿児島市内からわざわざ来てくれた宮司さんが進行していきます。

お祓いをして貰ったり、本堂の中を宮司さんが拝んだり。

一通り終わると、お神酒で乾杯!

宮司さん、優しさが溢れてる感じのいい方です。

宵宮祭はおつまみなどを食べながらみんなで話をしますが、例祭は乾杯後、お供え物をみんなで分けました。

お供え物は縁起がよいそうです。

みんなの表情もにこやか。

中にはお神酒をおかわりして上機嫌な人も。

「3杯飲んだからご利益も3倍かな?」

みんなにいっぱいご利益ありますように!

今日はそんな感じで解散。

階段を上って家に帰って行きました。

そういえば、熊本で買ったサマージャンボ、熊本の神社ハシゴして「当たりますように」って願かけたのに、当たんなかったなー。

硫黄島には金運がよくなるパワースポットがあるそうな。

GO!MISHIMA!!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 収入源の確保が急務。