観光スポット紹介。離島のキャンプ場「オンボ崎」!

写真 2015-09-22 17 03 07

こんにちは、晋作です。

今回は、竹島の観光スポットを紹介します!

 

硫黄島がきれいに撮れる撮影スポット!

その名も「オンボ崎」。

場所は、竹島の最西端。

竹島

狸のしっぽのような一本道を進んでいき、その先端が目的地になります。

 

こちらのサイトに観光マップがありますので、ぜひご覧ください。

「みしまにあん 観光サイト」

 

 

 

オンボ崎までの行き方

写真 2015-09-22 16 43 26

まずは狸のしっぽの入り口から。

 

ここはなんども記事で出てくる「籠(こもり)港」です。

海沿いの道に入れば、あとはずーーっと進むだけです。分かれ道なし!

 

しばらく進むと、最近新しく切り開かれた絶景スポットが!

写真 2015-09-22 16 45 34

「地球の壁」、といつの間にか名づけられました。

写真の海の部分、7300年前の大噴火があるまでは、陸地だったんです!

カルデラによって沈んだ陸地の、その断面を目の前に見ることができます!

 

詳しくは分かりやすい大岩根博士の解説で!

 

 

 

オンボ崎に到着!

写真 2015-09-22 16 49 45

オンボ崎に着くと、まず目に入るのは硫黄島!

朝、昼、夕と時間によってその表情が全然違います。

天気がいい日には黒島まで見えます。

 

右手のほうには海へ降りる道。

写真 2015-09-22 16 50 06

下っていくと、そこは絶好の釣りポイント!

写真 2015-09-22 16 52 27

素潜りで魚を獲りにこともありますが、潮の流れが速いのでちょっと危険です。

海水浴はしないほうが無難ですね。

 

短い道なんですけど、上り下りで軽い息切れが…。

運動不足ですかね…?泳ぎにはよく行ってるんですが…。

 

左手にはキャンプ場!

そして山頂の展望台へ通じる道があります。

村道整備できれいに草が刈ってありました!

写真 2015-09-22 16 49 56

すでに息切れしてますが、いざ山頂まで!

 

途中、2つのアスレチックがあります。

1つ目は最初の階段を上ってすぐ。

写真 2015-09-22 16 57 13

さらに進むと、2つ目。

写真 2015-09-22 17 01 21

山頂といっても、全然高い山ではないんですが、この時点でけっこう足腰にきてます…。

家族3人で行ったのですが、夫婦揃って運動不足です。

 

休憩がてら硫黄島をバックに息子を撮ってみました。

写真 2015-09-22 17 03 07

2つ目のアスレチックまできたら山頂まであと少し。

 

登りきるとそこには「癒しの展望台」が。

写真 2015-09-22 17 04 40

ただ、展望台は荒廃がひどく、危険なので使用しないほうがよいです…。

癒されるどころか怪我するかもしれないので…。

 

頂上からは、竹島がほんとに「竹」の島なんだなー、ということを実感できます。

写真 2015-09-22 17 06 00

これ、全部「竹」です。

 

竹好きにはたまらないこんな風景や、目の前に見える硫黄島、夜には満点の星空。

そして運動不足解消に、ぜひオンボ崎にきてみてください!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と2015年3月に産まれた息子の3人で暮らしてます。 2015年4月にNPO法人を設立しましたが、補助金の終わる2017年までに家族を養っていける収入源を作らないといけないんです。 その実況中継と、住んでるから分かる島のことを伝えていきます!