みんなが楽しく暮らせる島が長く続くように – 徳田健一郎さん

P9102861

硫黄島で、フェリーを迎えたり、送り出したりするときの音楽といえば、「ジャンベ」。

そのジャンベが学べる学校として有名な「三島ジャンベスクール」校長の徳田健一郎さんにお話を伺いました。

三島村の3つの良いところ

1. 時間の流れが違うこと

基本的にいつもゆっくりと時間が流れています。

木の揺れを眺めたり、雲をおいかけたり、そんな生活が自然にできているところです。

2. みんな親戚みたい

何をやっても、ちゃんと応援してくれます。

もちろん、ちゃんとしたことをするというのが大事ですけどね。

3. 知らず知らずに生きる力が養われる

「身の回りのもので何とかしないと!」となるので、生きていくための力がつきます。

サバイバル力を伸ばすにはうってつけです(笑)

お気に入りの場所

恋人岬の先です。

水平線から、島までがぐるっと見えるところです。

悩んでる時に訪れると、悩み事がなくなります。

島の良さがずっと残っていくように

人が1日何千人と訪れるようになるのではなく、島の良さが残っていくと良いと思います。

みんなが楽しく暮らせる状態が続いてほしいですね。

外から来た人も、村にすんなり入れるようになるように、受け入れる側として気をつけたいと思います。

三島村ジオパーク

About 三島村ジオパーク

鹿児島県三島村のGO! MISHIMAの管理者です。三島村ジオパークは、地域資源を活かした持続可能なジオパークを目指します。