宝島は自分の生き方が出来る場所 - 竹内功さん

img_5277.jpg

こんにちは、晋作です。

久々に竹島で生活をしています。
家族と一緒にいれるって幸せですね。
息子が大きくなったら十島村へ家族で行きたい。

その十島村の宝島。

「実際に住んでいる人にとっての宝島は!?」ということで、インタビューしてきました!

話をしてくれたのは竹内功さん
6年前に移住してきて、家族で住まれています。

移住のきっかけは、奥さんのネットサーフィン

「日本仕事百貨」という求人サイトに載っていた十島村が載っていて、問い合わせてみたそうです。
そこから、本で調べたりしてるうちに興味が出てきたとのこと。

「行くとしたら、狙っていたのは始めから「宝島」でしたね。
十島村でも一番南にある「南国感」と、宝島という「名前」に惹かれました。」

やっぱり「宝島」って名前はインパクトがある!

人材育成事業という事業に応募し、企画書を作り、プレゼンをして移住することに。

 

宝島での生活は?

img_5279.jpg

現在、竹内さんは主に「島らっきょう」を生産して暮らしいるそうです。

こちらは竹内さんが飲み会に持ってきてくれた「燻製醤油の島らっきょう漬け」!

img_5278.jpg

「醤油」を燻製!
宝島には燻製のいい機械があるらしいです

これがまたおいしくて、あっという間に完食

酒のつまみに最高です。
私はあんまり飲めませんが。

農業だけでなく、「とびうお漁」にでることもあり、テレビ番組でローラを乗せたこともあるんですって!

ボランティアツアーの受け入れも積極的にしていて、ツアー後プライベートで遊びに来る人もいるみたいです。
人も島もいいところですもんね~。

 

宝島のお気に入りスポット!

img_5151.jpg

竹内さんのお気に入りはこの「灯台からの景色」。

島の先端から宝島全体を見渡せるこの景色は圧巻。
牛のいる放牧場を突っ切っていくのも楽しいですね。

img_5280.jpg

あと、あんまり誰も来ない海辺があるらしく、そこもお気に入りの1つ!
たぶんこの写真の場所じゃないです。

「誰もいない海辺で過ごす、のんびりとした時間が好き」

そういう場所、いいですね。

 

宝島のいいところは?

img_5277.jpg

「最初の1~2ヶ月は
『この宝島でみんなどうやって生計立ててるんだろう?』
と不思議に思いながら生活していました。
でも今は、仕事も生き方も自分のやりたいことができています。
そんな自分の望む生き方ができるところがいいところ。

もう1つは、安心で安全。
鍵をかける必要も無く、子供も安心して育てられます。」

納得。
特に子育て。
私が竹島に帰ってきた大きな理由の1つでもあります。

宝島は人口130人に対して、未就学児が20人もいるそうです。
これは、三島村・十島村の中で宝島がダントツ。

若い人が住みたい!住み続けたい!と思う魅力がたくさんあるんでしょうね。

やっぱり子供が多い地域は活気があります。
子供たちも友達がいっぱいいるほうが楽しいですしね。

宝島が出来ているなら、他の島も出来るはず

三島村、十島村を活気のある楽しい村へ!

GO!MISHIMA!!

GO!TOSHIMA!!

竹内さん、ありがとうございました!

離島ブロガー晋作

About 離島ブロガー晋作

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 収入源の確保が急務。