こんにちは、晋作です。

 

10月に開催された“南九州移住ドラフト会議”

“移住者を受け入れたい地域=「球団」と移住志望者=「選手」と見立てて、地域が移住志望者を指名する”
プロ野球のドラフト会議に見立てた壮大なコント。

ここで三島村が1位指名した金井さんが、先日ご家族で竹島に来てくれました!

竹島と硫黄島に1泊ずつするはずが、悪天候で硫黄島には行けず…

残念。

 

竹島だけでしたが、金井さんが島で感じたことを記事にしてくれました。

竹島に行って気づいた5つのこと。揺れて揺れて自分のポジションを見つけることは大切である。

条件や、環境だけで判断するのではなく、”自分がその土地でどう感じたか”もすごく大事。

そんなことが伝わる記事です。

 

この記事では、島での様子をまとめました!

 

 

島の人と、日常を感じてもらう時間。

最初に向かったのは、学校

先生に「見学したい」と伝えると、なんとジャンベ演奏で歓迎してくれました!

最近では天皇陛下や総理大臣の前で演奏する機会があるなど、他にはない取り組みの1つ。

 

その後、教頭先生が校内を歩きながら学校について説明してくれました。

島での教育” は本土とどう違うのか。

子どものいる家庭にとっては大事なポイントです。

大きく違うのはやはり、人数が少ないこと。

今年は先生と生徒の数が同じです。

1人1人に対してじっくり向き合ってもらえ、自主性も身につきます。

スポーツなどはやれることが限られるというデメリットもありますが。

 

そして、未就学児が通う保育所へ。

現在、竹島の保育所グーミーズに通うのは7人

人口の10分の1!

保育のための十分なスペースが確保されていないのが課題です。

でも、待機児童もなく、安心して預けられます。

友達が増えてくれたらいいな~。

 

その後、軽く島内観光

一通り島を巡った後、港へ。

最近島で流行っている釣りをしながら、出会った島の人と会話

釣れた魚をいただいて、しかも捌いてもらいました!

よくある島の日常です。

 

宿泊は民宿。

食事のあと、夜中まで語りました。

 

 

島に住むということ


移住を考えて島に来る方を案内することは年に何度かあります。

 

その時にわたしが大事だなと思うのは、

“楽しんでもらうこと”

ではありません。

 

移住は人生で非常に大きなイベントで、時間的にも経済的にもコストがかかります

下見で島に来るだけでも大変。

金井さん達は

自宅~鹿児島までが9時間
鹿児島~竹島のフェリーが3時間
竹島~鹿児島のフェリーが8時間

という子連れにはめっちゃ辛い移動をして、来島してくれました。

 

表面のいいとこだけ見せて

「いいところなので、ぜひ移住してきてくださいね~」

というのは違うと思うのです。

 

特に、島の環境は特殊。

学校の2クラス分くらいの人口で、全員顔見知り

そのクラスメイトと楽しく暮らせるかは、すごく重要です。

できるだけ島の人と話してもらおうと意識しました。

 

判断材料を伝えたうえで、考えて欲しい。

理想は、そこで出てきた不安をサポートしてもらえる人間関係を築いて移住すること。

 

とはいえ、島に何度も来ることは難しいです。

 

なので、移住ドラフト会議のようなイベントで先に出会えるのはいい機会。

こういった機会を活かして、移住した人にとっても島にとっても幸せな移住を増やしたいです。

 

金井さんご家族、三島村まで来てくれてありがとうございました!

硫黄島と黒島もありますし、竹島でもまたお待ちしております!

GO!MISHIMA!!

しんさく

Author しんさく

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。 2019年~2023年 三島村議会議員 2024年 「竹のいえ」の新事業としてお店の隣に宿をオープン。

More posts by しんさく