霧島ジオパークの方々を硫黄島にご案内したら喜ばれすぎた

By 2015年7月25日離島ブログ

霧島ジオの方々をご案内、二日目。

夜遅くまで飲んでたわりにスッキリ6時起床。東温泉からスタートです!

前日のイマイチな天気からは打って変わって雲のない空。めったに見えない種子島まで見えてます!これはすごい一日になりそうだ…!!もう温泉に行く前から勝利の予感がぷんぷんにおってます。

東温泉がとんでもないことになっていた

IMG_3282

東温泉、到着ー!

IMG_3293

 

先日の大雨以来、山の中の水脈が変わったのか、山肌の複数箇所から温泉が垂れ流しになってます。ざんざん流れてきてるこれ、温泉です。

 

IMG_3287

その影響で、普段見られないところに温泉の滝が!天然のうたせ湯状態。

座って頭から浴びると最高に目にしみます!二度とやらんぞー!!!

 

 

 

IMG_3295

正統派、いつもの東温泉。いつもより水量が多いからか、ぬるい。

温泉上がって食事したあとは漁船で竹島へGO!

 

今回も海はとんでもない景色をみせてくれた

IMG_3300

…と、その前に。

 

 

 

IMG_3302

硫黄岳先輩、かっこいーーーー!!!

 

 

 

IMG_3305

振り返ると変色海水。水色から青へのグラデーションが美しすぎて神。

 

IMG_3323

日本にジオパクを持ち込まれた方、岩松先生もご満悦のご様子。

 

IMG_3327

条件良過ぎ。きもちよすぎ!!遠くに開聞岳のきれいな三角形が見えます。萌えます。

 

IMG_3349

 

さあそして近づいてきたのは平家城。

近づいて…

IMG_3351

 

近づいて…見ていると、

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3354

変色海水が広がってるのがわかります。

 

平家城は露頭はこんな感じ。とんでもなく分厚い軽石の層です…!

IMG_3360

 

 

足下の変色海水もなかなかのモンです。

 

そして今度は竹島へ。

 

 

IMG_3363

南側の海岸線。カルデラ壁をなめてまわりこんで竹島に上陸。

最後まで本当にきれいな海でした。

 

霧島ジオのみなさん、本当にありがとうございました!!!

大岩根尚

About 大岩根尚

宮崎県出身。2010年に東京大学にて環境学の博士号を取得。 2011年11月から100日間、日本南極地域観測隊の一員として南極内陸部で研究するなど、 地球科学研究に取り組む。 現在は7300年前の鬼界カルデラ大噴火の爪痕が残る三島村の専門職員として、 日本ジオパーク認定に向け活動中。