こんにちは、晋作です。

前回に引き続き、5月下旬からの “大名筍まつり” について。
【大名筍まつり in 東京】”宿場町まるしぇ”に出店しました!

今回はトークイベント
なんと、朝日新聞に掲載していただきました!
鹿児島)「大名筍」東京へ 県内移住予定の女性が橋渡し

ありがとうございます!

 

5月25日、16時半まで赤羽で宿場町まるしぇに出店。

18時35分からラジオ “RadioBurn“へ電話出演

19時から代々木でトークイベントというハードスケジュール!

赤羽からの出発が予定より遅くなり、会場に着いたのが18時30分過ぎ
息を整える暇もなく、ラジオ出演
もともとうまく喋れないのに…、もっと喋れませんでした…。
RadioBurnのwebサイト

準備はというと、ゲストがセッティングや買い出しをしてくれました。
すいません…、そしてありがとうございました!!

こんなバタバタした状態で、イベントスタート!

 

 

満員御礼!

会場はConnecting The Dots

ゲストでもある、離島移住計画代表の今井朝美(ともみん)の紹介で会場提供していただきました!
イベントページも作っていただき、本当にありがとうございました!!
【イベント情報】5/25(土)人口70人の離島、 鹿児島県竹島から「大名筍」と「名物男」がやってくる!

20人以上の参加者で、会場は満席

こちらでも嬉しい再会がたくさんありました。
島のこと、大名筍のことを周りの人に紹介してくれる人もいました。
島のことを気にかけて応援してくれるのは、すごく嬉しい!
ありがとうございます!

知っている顔を何人も見れて、ホッとできました。
そんな中、明子さんの司会でイベントが始まりました!

 

 

素敵な大名筍料理!

イベントの概要を説明して乾杯
飲み物は、今年できたばかりの焼酎”みしま村”

そして大名筍料理が登場!

なんと、大漁バタ子さんが作ってくれたフライヤーに使った写真を再現してくれました!

すげーー!

もちろん美味でした!!

今回料理してくれたのは、Mogmogはうすの丸山さん

ただ料理するだけでなく、食を通じて島を伝えるには、と考えながら作ってくれたそう。

島のことを “自分ごと” として考えてくれていました。

そんな方とつながれる機会をくれた明子さんに感謝です。

 

 

なぜ島に関わろうと思ったのか。

料理を食べながら、トークへ。

テーマは、

「島に一歩踏み込んだ理由」

なのでゲストは、島に一歩踏み込んだ人たち。

竹島へ移住したともみん

テレビ番組が縁で、竹島フェアなどで応援してくれている東急ハンズの山田さん

そして、大名筍大使をしてくれる明子さん

島を盛り上げていくのに、島だけでできることには限界があります。
わたしもいつもたくさんの人に助けてもらっています。

でも、島に一歩踏み込んで応援してくれる理由は?

それを知って共有したくて、応援に限らず踏み込んだ理由をテーマに。

その理由はそれぞれ違いました。

ただ、きっかけは人と人との出会い

今回もいろんな出会いがありました。
なにかアクションを起こさなければ、絶対に起きない出会い

そこからまた新しいアクションが生まれます。

そして、仲間のありがたさを改めて感じたイベントでした。

イベントに協力してくれたみなさん。
参加してくれたみなさん。

本当にありがとうございました!!
また会えるのが楽しみ!

来年はもっと面白いことができそうです。

GO!MISHIMA!!

【写真撮影:離島移住計画 事務局長 幸さん
ありがとうございました!!

しんさく

Author しんさく

三島村の竹島に2014年4月にUターンして、妻と息子と娘の4人暮らし。 2015年4月に「NPO法人みしまですよ」を設立。 村の特産品「大名筍」のブランディングをはじめ、観光・特産品開発販売・情報発信で村を盛り上げる活動をしている。 2018年4月、竹島に20年ぶりとなる商店「竹のいえ」をオープン。 2019年~2023年 三島村議会議員 2024年 「竹のいえ」の新事業としてお店の隣に宿をオープン。

More posts by しんさく